診療案内

主な診療内容

●生活習慣病(糖尿病、高血圧、高脂血症) ●虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞、冠動脈バイパス術後など)
●心筋症(拡張型心筋症、肥大型心筋症、高血圧性心臓病など) ●弁膜症 ●心不全
●動脈疾患(大動脈瘤、閉塞性動脈硬化症など) ●静脈疾患(深部静脈血栓症、下肢静脈瘤など)
●貧血 ●胃潰瘍 ●胃炎 ●逆流性食道炎  ●痛風・高尿酸血症 ●気管支ぜんそく ●気管支炎
●肺炎 ●肺気腫(慢性閉塞性肺疾患) ●尿路感染症 ●アレルギー性鼻炎 ●睡眠時無呼吸症候群
●ペースメーカー術後 ●心臓リハビリテーション

診療方針

私たちは、患者さんに対し、わかりやすい説明を充分に行うことを重視しています。
病気に向き合い、病気を知り、どういった治療をするのか。
これらを一番理解していなければならないのは、患者さんご自身です。
患者さんご自身が理解し、充分に納得するまで、やさしくわかりやすい言葉で対話と説明を重ねていきます。
少しでも疑問に思う点や不安なことがあれば、どうぞ気兼ねなくお尋ねください。

症状別 診療の流れ

このような症状があったら、まずは当院にご相談ください。

胸が痛い・ドキドキする


• 動いたときに胸が痛む ・・・・・ 労作性狭心症の疑い
• 夜間・早朝胸が痛む ・・・・・ 冠攣縮性狭心症の疑い
• ドキドキする・脈が飛ぶ ・・・・・ 不整脈の疑い

その他、胸痛の原因疾患として、肺炎・胸膜炎・肺梗塞・自然気胸・心外膜炎・肋軟骨炎・大動脈解離・GERD(逆流性食道炎)・消化性潰瘍・うつ病・不安状態等が考えられます。
心電図・運動負荷心電図・胸部レントゲン・心エコー・ホルター心電図の検査を行います。 緊急性のある場合は、直ちに連携病院へご紹介します。

足がむくむ

■心不全、腎不全、肝不全、低栄養、運動不足、深部静脈血栓症、リンパ浮腫などが考えられます。

胸部レントゲン、心電図、血液検査、尿検査、心エコー、下肢静脈エコーなどの検査を行います。
必要に応じて連携医療機関へご紹介します。

歩くとすぐ息がきれる

■心不全、肺気腫(慢性閉塞性肺疾患)、貧血、甲状腺機能低下症、運動不足、筋肉減少症(サルコぺニア)などが考えられます。

胸部レントゲン、心電図、血液検査、心エコー、甲状腺エコー、呼吸機能検査、心肺運動負荷試験などの検査を行います。

薬を飲んでも血圧が下がらない

■二次性高血圧が疑われ、原発性アルドステロン症、睡眠時無呼吸症候群(SAS)、腎動脈狭窄症、内頚動脈狭窄症などが原因である可能性が考えられます。

血液検査(各種ホルモン検査)、腹部エコー、腎動脈エコー、頚動脈エコー、睡眠ポリグラフィーなどの検査を行います。
必要に応じて連携医療機関へご紹介します。

いびきをかく、日中眠い

■睡眠時無呼吸症候群(SAS)の危険性があります。

ご自宅にて行える簡易型睡眠ポリグラフィー検査で、夜間無呼吸を調べます。SASと診断された場合、夜間CPAP治療(就眠時に陽圧呼吸をかけ続ける治療法)の適応があります。

歩くと足が痛い

■閉塞性動脈硬化症、脊柱管狭窄症、変形性膝関節症、筋肉痛など

足の血管が詰まっているかもしれません。ABI(上下肢の血圧を同時に測定する検査)にて判断します。
内科的疾患でなければ、提携医療機関整形外科をご紹介します。

健診で異常を指摘

当院で健診データを見せていただき、適切なアドバイスをさせていただきます。当院では、健診の結果を聞いたけど、よくわからない、納得できないという方のために、健康診断のセカンドオピニオンを実施しております。

心臓のリハビリをしたい

■心臓手術後、ステント留置後、心不全、狭心症、心筋梗塞、心臓の機能が低下している人

心臓の病気をされた場合、その後の正しい運動は、心臓発作の可能性を70%も下げると言われています。しかし、普段からどの程度動いていいか心配だという声をよくお聞きします。
当院では、そういう方向けに心臓リハビリテーションを行っています。心臓リハビリとは、医療施設でのみ行えるもので、血圧・脈拍などを監視しながら、その人に合った適切な運動量を適切な時間行っていただきます。詳しくはお問い合わせください。

禁煙したい

■禁煙したいけど、なかなかうまくいかない

当クリニックでは、禁煙したい方のための禁煙プログラムを御用意しております。喫煙は、あなただけでなく、あなたの周りの人の血管を詰まらせてしまいます。今日から禁煙を始めましょう。私たちがお手伝いさせていただきます。お気軽にご相談ください。

心臓・血管ドッグの勧め

当クリニックでは、血管の詰まりを早期発見、予防するために、心臓・血管ドッグをお勧めしています。 下記のいずれかに当てはまる人は、血管が詰まっている可能性がります。
一度「血管ドッグ」をお受けすることをお勧めします。

  • メタボリックシンドロームの方
  • 喫煙されている方
  • 65歳以上の方
  • ご家族に脳卒中や心臓病の方がいらっしゃるかた
  • 健診で心電図の異常や動脈硬化を指摘されたことがる
  • 胸の痛み、手足のしびれ、脱力感を感じたことのある方

心臓・血管ドッグの内容

頸動脈超音波検査 (首の血管の詰まり具合をみます。脳卒中の予測ができます。)
心臓エコー (心臓の動き、弁の具合をみます。)
10,000円(税別)

オプション

ABI(下肢血管の詰まりを見る検査) 2,000円(税別)
運動負荷心電図 (心臓に負担をかけ、異常が出ないか見る検査) 4,000円(税別)

平和通ハート内科 外観